写真合宿in能登【星空撮影編】

宿泊先は柳田植物公園内にある天体望遠鏡付きのコテージです。
ここは人数にもよりますが、一泊5000円程度で利用できます。
天体望遠鏡の使い方、望遠鏡へのカメラの取り付け方、星がよく見える時間帯等を親切丁寧に教えてくれます。

Satoshi_2855

Satoshi_5761

まずは天体観測の前に腹ごしらえ。
備え付けのキッチンでカレーを準備し、天気が良かったので外で食事。
外で食べるご飯は、何倍も美味しかったです。

T's_2644

T's_5740

備え付けの望遠鏡と各々のカメラを接続させ、望遠鏡をレンズ代わりにする撮影に挑戦しました。
施設の方いわく、35mm換算で600mm程度の超望遠だそうです。
ちなみに500mmの望遠レンズを購入するには約100万円かかるので、宿泊費5000円でなかなかできない体験ができます。
そんな貴重な経験で撮影できた写真がこちら!

macha_7736

クレーターまでくっきり写った月!

macha_8775

地球から13〜15億km離れた土星!

 

touch camera_4662

何かの惑星(笑)

普段経験できない撮影に、部員一同興奮していました。
月が沈んだ24時過ぎには、カメラと三脚を持って夜空の撮影にも挑戦。

touch camera_8888

星空撮影の経験者が未経験者を自然と教える良い感じの雰囲気で撮影を楽しみました。

Satoshi_2119

天の川もくっきり!

 

IWA_7452

同じ構図で一定の間隔で連続して写真を撮るインターバル撮影という方法で撮影し、それを比較明合成(コンポジット)という方法で一枚の写真に合成することにも挑戦した部員もいました。

金沢では見られない星の多さに驚きと歓喜の声をあげ、さらに興奮が高まりました。
この後、寝ることも忘れるほど撮影に夢中になりました。

この記事を書いた人

Ts
Ts金沢写真部運営
今はParty Photo、友達、家族、大切な人達との時間を記録している。

関連記事